読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



爬虫類脳

今日は野暮用で国立科学博物館に行ってきた。小さいときに一回行ったきりだったのですごく久しぶりだった。新館を一通り回ってきた。

ジュラシック・コード〜人類700万年・封印された脳内恐竜の謎〜(2005/06/26)で

1つ根本的な疑問。恐竜(古い爬虫類の例として出てきた)は人間の直接の先祖じゃなかったと思うのだけど・・・人間と恐竜は直接つながりがなく、もっとずっと前に種が分裂してたような・・・そうだとすると「人間の脳に恐竜の脳が残っている」っていう表現はおかしいな。今度きちんと調べとくか。

と書いたのだが、ちょうどよい機会なのでついでに調べてきた。展示によると今から3億年前に両生類から爬虫類と哺乳類に分裂したそうだ。つまり、爬虫類と哺乳類は姉妹*1の関係にある。哺乳類である人間と爬虫類である恐竜は全く別の枝にいる。

だとすると恐竜の脳が人間に残っているはずはない。しかし、両生類から分裂したばかりの哺乳類は単弓類(哺乳類型爬虫類)と呼ばれていたそうだ。だから爬虫類脳と言う表現はおかしくはないかも。

だけど番組タイトルにあるような脳内恐竜という表現はおかしい。人間の脳がジュラ紀に誕生した爬虫類脳の指令を受けているってのも変だ。

*1:兄弟じゃなくて姉妹って書いてあった。なぜだ(笑)