人工知能に関する断創録

このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています

Speech and Audio @ NIPS2017

PFN主催のNIPS2017読み会において Speech and Audio というテーマで発表してきました。

★初SlideShare★

今回は複数の論文をまとめたテーマ発表を入れると聴いたのでどのテーマにするか悩みました。最初は、コンピュータビジョン関連の面白い論文がいくつかあったのでそのテーマにしようと検討していたのですが、音声のキャリアが一番長く、かつMachine Learning for Audio Signal Processingワークショップに参加したこともあり、結局のところ「音」をテーマに選びました。本会議には音メインの研究が非常に少ない(音の研究はINTERSPEECH、ICASSP、ISMIRが中心)のでワークショップ中心です。

音関連の研究をまとめるにあたって下のような表を作って整理しました。

f:id:aidiary:20180126195954p:plain

音に関する研究を音声(Speech)、環境音などの一般的な音(Audio)、音楽(Music)に分け、さらにタスクを認識、生成、検出、その他に分けて整理しました。音の研究というと 音声認識音声合成 だけと思われるかもしれませんが、他にもいろいろな研究テーマやタスクがあることがわかります。

この表はまだまだ追記途中です。こんなタスクが抜けてるというのがあったらぜひコメントください。

個別論文は

を選びました。

Deep Voice2はBaiduの音声合成アーキテクチャに関する論文です。たぶん、参加者で音声合成を知ってる人はほとんどいないだろうと思ったのでなるべく基礎的なところから話しました。

主に取り上げた音声合成アーキテクチャはBaiduの Deep Voice とGoogleの Tacotron です。Deep Voiceはすでに3まで出ているし、比較実験で言及されているTacotronもすでに2まで出てるのですでに時代遅れという・・・まあarXivの時代では仕方がないですね。Tacotronの論文は始めて読んだのですが、実装のイメージがわかないので @r9y9 さんのPyTorch実装 など参考にさせていただきました。

Imaginary Soundscape は画像と音声のマルチモーダルに関する論文です。マルチモーダルなDeep Learningに興味があったのとアプリケーションとしてとても面白い!と思ったので取り上げました。Google Street Viewに音声をつけちゃおう という野心的な試みです。リンク先のデモも面白いのでぜひ試してみてください。著者の一人の徳井さん*1 がmediumで記事も書かれてます。

Imaginary Soundscapeは音を生成しているわけではなく、特徴量が似ている音を検索して再生しているのですが、音を生成する研究も出てきています。こちらも今度紹介したいですね。

Twitterを見てるとVQ-VAEはどこいった?というつぶやきがありました。WaveNetの著者の論文ということは気づいていたのですが、発表直前で指摘されて理解するのに時間がかかりそうだったので放置してました(^^;) というか、今回のNIPS2017ではCapsule Networkとともに有名な論文だったみたいなので誰かが取り上げるんじゃないかと思ってました。結局、誰も取り上げなかったけど(^^;) 興味はあるので読んでみようと思います!

実際のところ音声関連の研究開発をすでに7年ほどやっていて、音声はもういいやという感じだったのですが、けっこう知らないタスクやこれから面白そうな研究テーマを見つけたので少し興味がわいてきました。今後もちょくちょく実装などを紹介していきたいと思います。

*1:徳井さんのサイト Create with AI はAIと表現に関する論文・データセットなどがまとまっておりとても面白いです。こちらもおすすめ。