人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



ソフィーの世界

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙

ソフィーの世界―哲学者からの不思議な手紙

素晴らしい本を見つけた。西洋哲学史をやさしく解説した本。物語風になっていて文体も柔らかくわかりやすい。確か昔ベストセラーになってたような気がする。

西洋哲学の重鎮がひととおり解説されているが、ハイデガー、ウィトゲンシュタインには触れられてない。この2人を知りたかったんだけどな。

デカルトの章では身体と心の二元論にからめて人工知能にも軽く触れられている。文章中では人工知「脳」って誤植されてるけど。

「今はよく人工知脳って聞くけど」
「現代の自動人形だね。ぼくたちは、本当に思考しているんじゃないかと思うような機械をつくった。もしもデカルトが見たら、きっとパニックを起こしただろうな。人間の理性は彼が考えたほどに自由で独立しているんだろうか、と考えこんだにちがいない。」

p.308

デカルトは理性を人間の特質として重んじていた。しかし、現在の人工知能(?)でも理性的な処理を(一部だが)実現できてしまう。複雑な計算をしたり、数学の定理を証明したり、チェス*1をしたり・・・むしろ人間の理性的な処理は実装が簡単で、逆に人間のあいまいで感覚的な処理の方が実装が難しいと言われている。

理性は人間の専売特許ではなかったってことですかね、デカルトさん。

*1:西洋ではチェスは理性的なゲームだと考えられている