人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



物理記号システム仮説

命題論理の融合法という推論規則について調べた。推論を機械化できるのはすごい。何も考えなくても記号を組み合わせるだけで結論を出せるのは驚きだ。

古い人工知能は物理記号システム仮説を基礎においていると習ったことがある。

物理記号システム仮説
Physical Symbol System Hypothesis。A. NewellとH. A. Simonが提唱。世界のすべての事がらは記号で置き換えることができ、その記号を操作することによって説明できるという仮説。

いったん世界を記号で置き換えたら、その記号が「何を表すか」「何を意味するか」をまったく考えずに記号操作のみ(融合法などの推論規則)で推論ができる。実際に体験するとNewellとSimonがこのような仮説を立てた理由が妙に納得できた。述語論理にも融合法があるのでさらに調べてみたいな。