読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



勇者登場

まずは一番簡単なところから始めましょう。勇者を画面に描いてみます。勇者ですが、

f:id:aidiary:20100306231941g:plain

を使います。いきなり、はじめにの画像と違いますがまあいいでしょう。素材はすべてJ-JSoftさんのサイトからMACKさんの素材をお借りしています。

rpg01.jar

イメージの仕様

画像は32×32ピクセルのGIF形式です。今後使うマップチップ(扉とか壁とか宝箱とか)もすべて32×32ピクセルのGIF形式に統一しています。

GIFを主に使いますがJPGでもPNGでもかまいません。Javaではまったく同じように扱えます。ただし、プログラム中で透過処理(キャラクタ絵の背景を透明にする処理)を実装していません。そのため、透過処理をほどこせるイメージ形式、GIFかPNGを使ったほうがいいでしょう。透過処理をほどこしたイメージの作成方法は機会があったら解説します。

JavaではデフォルトでBMPを使うことはできませんので注意してください。Windows XPではペイントを使ってBMPのイメージをGIF、JPG、PNGで保存することができます。BMPの画像は変換しましょう。

イメージを描画する手法については基礎編のイメージを表示する(2004/10/9)を見てください。