読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習・Deep Learningに関する記事が多いです。



楽観主義者レイ・カーツワイル

人工知能

カーツワイル氏に関しては

ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき

ポスト・ヒューマン誕生―コンピュータが人類の知性を超えるとき

  • 作者: レイ・カーツワイル,井上健,小野木明恵,野中香方子,福田実
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2007/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 11人 クリック: 117回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る

もお薦め。技術進歩は指数関数的(さらにその指数も指数関数的)に増加しており、数十年後には脳を完全にシミュレーションするようなマシン処理性能が実現され人工知能ができるってことが書かれている(それだけではないが)。

カーツワイル氏はコンピュータがチェスで人間のチャンピオンに勝利するのを今までの技術進歩から外挿して1年の誤差で予測し的中している。ただチェスはマシン性能が上がればそのまま強くなる類の問題であったため正確に予測できたのかもしれない。人工知能はそういう類の問題とは別物だと思われる。

カーツワイルやモラヴェック、たぶんビル・ジョイもそれらの中に入るでしょうが、こうした連中はムーアの法則にのっとって未来の構想を描くことは可能だという考えをもち、2020年までに人類は自らの脳と同等の人工知能を造り出しているだろうと予測しています。しかし私はそんなことなどまったく信じてはいません。いま求められているのは未来をひらく新たなアイディアであり、彼らが提唱しているような安直な予想などではないのです

ジョン・マッカーシー『人工知能のパラドックス』p.87