人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



ブルックスの知能ロボット論

ブルックスの知能ロボット論―なぜMITのロボットは前進し続けるのか?

ブルックスの知能ロボット論―なぜMITのロボットは前進し続けるのか?

Rodney Brooks氏のこれまでの仕事とロボット観が余すところなく語られている一冊。

Brooks氏の考える知能は、センサー(知覚系)とモーター(駆動系)の連動から生まれるものであり、従来の認知科学で一般的であった認識系はとっぱらってしまう*1

というこれ論文なの?というほどユニークな論文を書かれている*2

この考え方をさらに発展させた内容が知の創成―身体性認知科学への招待(2005/03/15)で詳しくまとめられている。私の中ではMinsky氏の『心の社会』と並んでバイブルだ*3

Minsky氏とBrooks氏は人工知能をめぐる考え方で激しく対立しているようだ。

知能観は違うのだろうけど、サブサンプション・アーキテクチャと心の社会は根幹部分で似ていると思う。私は強化学習に惹かれていたこともあって、Brooks氏の知能観に近い。

ただこれで達成できるのは動物の知能までで、人間の知能は不可能だと根拠はないけど思うなぁ。

Brooks氏の以前のホームページにロボットによりそった氏の写真が掲げてあってちょっとあこがれてたんだけど今はなくなってて残念。危ない人だと思われたのかな(笑)

関連リンク

*1:従来の認知科学では知覚 -> 認識 -> 行動、Brooks氏は知覚 -> 行動

*2:私も一生に一度は書いてみたい・・・

*3:人工知能で読むべき本を3つ挙げろと言われれば、『エージェントアプローチ人工知能』『心の社会』『知の創成』を挙げる。