読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



ゲノムと情報圧縮

生物学

『情報処理』に面白い話が載っていた。

60兆といわれる細胞の集合体である人間を再構成するのに必要な情報がたった30億文字(CD-ROM1枚分ちょっと)しかないという事実だ。遺伝子に限っては3万〜4万程度しかない。

そこで、どのようにすれば30億文字に人間を再構成できる情報を格納できるか?情報圧縮、情報表現形式はどうなっているのか?という疑問が出されているらしい。これは自分にとっては新しい視点で興味を持った。

確かにCD-ROM1枚分の情報で人間が出来るなんてすごいと思った。コンピュータの情報形式とは全く違うのか?そこまで情報を縮めるすごいアルゴリズムがあるのか?あるいは人間を作るのに膨大な情報は必要ないのか?一体どんな理由なのだろう。新しい圧縮アルゴリズムを発明する鍵になったりしないのかな。