読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人工知能に関する断創録

人工知能、認知科学、心理学、ロボティクス、生物学などに興味を持っています。このブログでは人工知能のさまざまな分野について調査したことをまとめています。最近は、機械学習、Deep Learning、Kerasに関する記事が多いです。



AIは中世の錬金術

ドレイファスさんがAIを批判している人というのは知っていたが、彼は「AIは中世の錬金術に似ている」と発言しているらしい。

錬金術(alchemy)
古代エジプトに起り、アラビアを経てヨーロッパに伝わった原始的な化学技術。近代化学の基礎がつくられるまで全ヨーロッパを風靡、卑金属を金・銀などの貴金属に変化させたり、不老不死の万能薬を製出することなどを試みた。これらに成功はしなかったが、種々の化学物質を取り扱う技術の発達を促した

もしAIが錬金術と同じく見果てぬ夢であったとしても意義はあるはず。錬金術の定義の後半が大切だと思う。つまり、結果(錬金術なら金を作る、AIなら知能を作る)は出せなくても、その過程に意義あるものが出てくるということ。AIの研究を通して様々な研究分野が派生したし、役立つ概念が生み出されたというのはよく言われている。それに、錬金術は理論的に不可能だと証明されたけど、AIはまだされていない。AIが不可能と証明されてしまう日はいつか来るんだろうか。